page top

工芸の五月オフィシャルHPをご覧の皆様

「工芸の五月」がまた始まります。
工芸という言葉は明治時代にできた言葉です。それまでなんの疑問もなく存在していたもの作りに関する環境は、西洋との関係が親密になってから彫刻、絵画、工芸というようにカテゴリー分けされたのです。 ですから視点を変えてみると、日本人の体の中には暮らしをカテゴリー分けしないDNA があるということですね。一ヶ月のイベントの中にも区分けしにくい企画がいっぱいあります。 皆様の暮らしの中に、豊かさと楽しさを散りばめるヒントになれば幸いです。
では「工芸の五月2018」お楽しみ下さい。

2018.3 工芸の五月実行委員長 伊藤博敏

お知らせお知らせお知らせ一覧へ一覧はこちら

スタッフブログスタッフブログスタッフブログ一覧へ一覧はこちら

  • 松本市美術館・博物館企画
  • ギャラリー企画展
  • クラフトフェアまつもと
  • 五月の仕事 キカクシツのキカク

工芸の五月オフィシャルガイドブック

工芸の五月オフィシャルガイドブック
工芸の五月2018
Official Guide Book

工芸の五月2018オフィシャルガイドブックは松本市内各施設・店舗をはじめ県内外、ホームページで4月1日より販売します。

詳しくはこちら



工芸の五月Facebook

  • バスDAYまつもと
  • まつもとクラフトナビ

松本インフォメーション

このページの先頭へ