page top
企画案内
工芸の五月 > 企画案内 > 展示 > 冨沢恭子展

冨沢恭子展(終了)

※2017年の企画のため終了しています。

韓国でお坊さんが着ている服の生地を柿渋で染め、藍染の布と組み合わせてかばんを作っている冨沢恭子さん。柿渋は重ねて染めることで色だけではなく質感も変わっていき、やさしさと力強さのある布に。今日染まった色で今日のかたちを作る。布の表情を追って形にしていくかばんは使い込むごとに育っていきます。ハギレを使った大判の布やオブジェも届きます。

工芸の五月2020特別編集号

工芸の五月2020特別編集号

特別編集号『柚木沙弥郎 今に生きよ』
当初、オフィシャルガイドブックで掲載を予定していた内容を編集。オンライン購入もできます。
詳しくはこちら

  • バスDAYまつもと
  • まつもとクラフトナビ

松本インフォメーション

工芸の五月Instagram

このページの先頭へ