page top
企画案内
工芸の五月 > 企画案内 > 展示 > 中町と民芸

中町と民芸(終了)

※2014年の企画のため終了しています。

中町には丸山太郎の「ちきりや」をはじめ幾つもの工芸品店があり、“民芸のまち”として知られる松本を代表する通りです。
本展では、松本の民芸運動を先導し中町と縁が深い作り手たち、卵殻細工の丸山太郎・型絵染の三代澤本寿・松本民芸家具の池田三四郎の作品と、みすず細工・押絵びな・松本てまりなど、江戸時代から続く城下町松本の伝統工芸品を紹介します。

工芸の五月2020特別編集号

工芸の五月2020特別編集号

特別編集号『柚木沙弥郎 今に生きよ』
当初、オフィシャルガイドブックで掲載を予定していた内容を編集。オンライン購入もできます。
詳しくはこちら

まつもとクラフトナビ

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
このページの先頭へ