page top
企画案内
工芸の五月 > 企画案内 > 展示 > 工芸は使い込むことで美を増す

工芸は使い込むことで美を増す(終了)

※2014年の企画のため終了しています。

使い込むほど漆器の良さは分かります。口をつけたとき、手で触れたときの感覚。数十年使った器と、新しい器を並べて展示します。
新旧の比較、時間を経て味わい深くなるさまをご覧いただき、改めて漆器を見直していただければと思います。

工芸の五月2020特別編集号

工芸の五月2020特別編集号

特別編集号『柚木沙弥郎 今に生きよ』
当初、オフィシャルガイドブックで掲載を予定していた内容を編集。オンライン購入もできます。
詳しくはこちら

まつもとクラフトナビ

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
このページの先頭へ