page top
企画案内
工芸の五月 > 企画案内 > 展示 > 子ども椅子展

子ども椅子展(終了)

※2013年の企画のため終了しています。

「子どもたちの感性を育み、ものづくりという文化を育てたい」という思いでスタートした「はぐくむ工芸」。今年も松本市美術館の中庭に子ども椅子が集います。
【出展作家】
宇田川隆、太田健、小田時男、片岡清英、金澤知之、木村毅、小林一夫、小山利明、酒井隆司、指田哲生、すがのたかね、園田勝幸、谷口泉、寺下健太、豊福重徳、羽柴完、羽柴弦、藤牧敬三、牧瀬昌弘、増山博、松本勝行、矢倉保男、山形英三

同展の後、椅子たちは市内あちこちのお店へ散らばります。詳しくは「かわいい椅子には旅をさせよ」をご覧ください。

工芸の五月2020特別編集号

工芸の五月2020特別編集号

特別編集号『柚木沙弥郎 今に生きよ』
当初、オフィシャルガイドブックで掲載を予定していた内容を編集。オンライン購入もできます。
詳しくはこちら

まつもとクラフトナビ

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
このページの先頭へ