page top
最新情報
工芸の五月 > 新着情報 > スタッフブログ > 「ほろ酔い工芸」工房訪問(その2)

2013年12月25日  スタッフブログ

「ほろ酔い工芸」工房訪問(その2)

前回に続いて「ほろ酔い工芸」工房訪問。
須坂を後にして、長野市に住む錫を扱う金工家の角居康宏さんの工房へ。
車で30分ほどなのに、今度は権堂商店街のネオンホールのすぐ近所、町のまっただ中、なにやらハードボイルドな雰囲気です。
布団屋さんだったという小さなビルを改装し、1階はギャラリー、上は住まいと工房です。

角居康宏さん

スキンヘッドのハードなお姿とはうらはらに私たちシロートに錫の作品ができるまでの説明をていねいにしてくださいました。

錫のグラスと普通のグラスで、日本酒の飲み比べまで!錫にはお水やお酒をおいしくさせる不思議なちからがあるそうです。

錫のグラスと普通のグラス

ちょうどデパートに発送の日でいろいろな作品を見ることができました。
1階のギャラリーにあった大きなオブジェとは対照的な繊細な細工の作品は、グラスはもとより、銚釐、お皿、スプーン、花器など。

繊細な細工の作品

これまた、錫のグラスに注がれた冷たいビールを想像しただけでしあわせ!
みなさま、お楽しみに!

繊細な細工の作品

私たちの車が見えなくなるまで見送ってくれました。

次は同じく「ほろ酔い工芸」に参加されるあづみ野ガラス工房の若き作家たちを訪ねる予定です。

新着情報一覧

工芸の五月オフィシャルガイドブック

工芸の五月オフィシャルガイドブック
工芸の五月2017
Official Guide Book

工芸の五月2017オフィシャルガイドブックは松本市内各施設・店舗をはじめ県内外、ホームページで4月1日より販売します。

詳しくはこちら



工芸の五月Facebook

開運堂

iichi

金宇館

  • バスDAYまつもと
  • まつもとクラフトナビ

松本インフォメーション

このページの先頭へ