page top
企画案内
工芸の五月 > 企画案内 > 展示 > 工芸をめぐるふたつの町の国際交流展

工芸をめぐるふたつの町の国際交流展(終了)

※2015年の企画展のため終了しています。

それは、たった二人の作家の交流からはじまりました。1960年代、ウィリアム・ザッカと吉田遠志。メンドシーノと美麻との、海を越えた行き来は、お互いを知り、学び、月日を重ねるごとに強く結びついていきました。時がながれ、二人の志は、一年ごとに相互の町を訪問し合い、展覧会を開くという形で、次の世代へと引き継がれ、また新たな波を創り出しています。今回もまた、第8回目の交流展がメンドシーノからの作家作品を迎え開催されます。

工芸の五月オフィシャルガイドブック

工芸の五月オフィシャルガイドブック
工芸の五月2017
Official Guide Book

工芸の五月2017オフィシャルガイドブックは松本市内各施設・店舗をはじめ県内外、ホームページで4月1日より販売します。

詳しくはこちら



工芸の五月Facebook

開運堂

iichi

金宇館

  • バスDAYまつもと
  • まつもとクラフトナビ

松本インフォメーション

このページの先頭へ