page top
企画案内
工芸の五月 > 企画案内 > 展示 > IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器

IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器(終了)

※2014年の企画展のため終了しています。

江戸時代初期、佐賀県有田地域で日本初の磁器「伊万里焼」がつくられました。ヨーロッパの人々はその美しい白い肌とオリエンタルな文様に魅せられ、高級な日用品として、あるいは宮殿の装飾用に大型の磁器を求めたのです。海を越え、大陸へと渡った、染付の大皿、艶やかな装飾の壺、可憐な瓶の数々。江戸時代、ヨーロッパ向けに制作された伊万里焼を中心に、今もなお鮮やかに咲き誇るその華麗なる美の世界をお楽しみください。

工芸の五月オフィシャルガイドブック

工芸の五月オフィシャルガイドブック
工芸の五月2017
Official Guide Book

工芸の五月2017オフィシャルガイドブックは松本市内各施設・店舗をはじめ県内外、ホームページで4月1日より販売します。

詳しくはこちら



工芸の五月Facebook

開運堂

iichi

金宇館

  • バスDAYまつもと
  • まつもとクラフトナビ

松本インフォメーション

このページの先頭へ