page top
終了した企画展 2011年
工芸の五月 > 終了した企画展 2011年 > フォーラム 話そうくらしのデザイン「街を楽しむ 日常を楽しむ」【ワークショップ】

フォーラム 話そうくらしのデザイン「街を楽しむ 日常を楽しむ」【ワークショップ】(終了)

※2011年の企画展のため終了しています。

フォーラム 話そうくらしのデザイン「街を楽しむ 日常を楽しむ」

地域発文化発信に関わる四方山話。地方でこそみつけることのできる、ほっこりした街の魅力と愉しみ方について、新傾向の動きから紐解く、気軽なフォーラム。 美術、音楽、演劇、映画などカルチャーと日常を楽しむ達人に魅力を聞いてみよう。

■日時 5/21(土)14:00~15:30
■会場 松本市美術館 2階多目的ホール
■定員 60名 ※要事前申込 申込受付中 (松本市美術館0263-39-7400)
※申込みがなくても定員までは参加可能です。
■料金 無料
■パネリスト 清水隆史[フォトグラファー]×田中一光[陶芸家]×今井浩一[まつもと市民芸術館 企画制作・広報担当]

◆パネリスト紹介◆
清水 隆史(フォトグラファー/フリーライター)
奈良県出身、信州大学へ入学しそのまま長野に住み着く。
古民家を拠点に「カフェ」・「集会所」、月刊の冊子「街並み」の編集などオルターナティブな展開をみせる「ナノグラフィカ」を率いる地域編集者。権堂町にライブハウス「ネオンホール」も立ち上げている。

田中 一光(陶芸家/松本クラフト推進協会)
松本市生まれ。東京学芸大学教育学部陶芸研究室に学ぶ。陶芸家松本慶一郎に師事。
2003年日本クラフト展入選、TALENTE2003(ミュンヘン)入選。2004年松本にて独立。松本中町グレインノートなどにて個展多数。松本クラフト推進協会へは2005年より参画。田中一光製陶所設立現在に至る。『松本市民タイムス』に日常雑記連載中。

今井 浩一(まつもと市民芸術館 企画制作・広報担当)
演劇雑誌「シアターガイド」の元編集長。ジャンルを問わず、あらゆる演劇やエンターテイメントに目を配り、彼を慕う演劇人は数知れず。「平成中村座」『佐倉義民伝』の開催に尽力、広い見識と人脈で松本の街を盛り上げている。

工芸の五月オフィシャルガイドブック

工芸の五月オフィシャルガイドブック
工芸の五月2017
Official Guide Book

工芸の五月2017オフィシャルガイドブックは松本市内各施設・店舗をはじめ県内外、ホームページで4月1日より販売します。

詳しくはこちら



工芸の五月Facebook

開運堂

iichi

金宇館

  • バスDAYまつもと
  • まつもとクラフトナビ

松本インフォメーション

このページの先頭へ